Home > 取扱製品・サービス > 岩崎ソリューション > 精密農業 > 農業IoTと自動化技術

作物の生育に関わる圃場の特性は、土壌条件や気象条件などさまざまな視点で把握する必要があります。圃場や農業施設に土壌センサーや気象センサーなど各種のセンサーを設置し、ネットワーク化、さらにクラウドを通してデータを管理することで、「圃場の見える化」が実現できます。

岩崎の検証フィールドでは、気象センサーを設置してインターネット経由で閲覧ができる仕組みや土壌センサーなどを設置し、無線LANや無電源中継ができる仕組みの実証実験を行っており、データ活用のアプリケーションを含めて、お客様へのサービス提供形態の検証を進めています。

また、農作業面での軽労化を目的としたロボットスーツなど、さまざまなデバイスの活用へ視点を広げ、農業IoTの実現に取り組んでいます。

 
気象データのインターネット配信試験    土壌データの収集と蓄積試験
     
・気温低下や日照不足、過多などを認識して警告を! ・統計データから今年の作業日をスケジューリング
・生育ステージに合わせた土壌水分の調整! ・積算温度から登熟や病虫害を予測
センサーネットワークの活用
 

HAL® CYBERDYNE
  腰を伸ばそうとする体の信号を検知
 
   
  持ち上げをアシスト
 
 
公開実演会
 > 精密農業公開実演会
岩崎では、農家様向けの公開実演会を実施しております。GNSSを活用したトラクタのオート走行や、窒素センサーを用いた可変施肥システム、UAV(ドローン)によるセンシングなど最新技術を応用した精密農業をご紹介いたします。
 
お問い合わせ
精密農業に関するお問い合わせ
こちらの製品・サービスに関するお問い合わせを受け付けております。
導入に関するご相談や資料のご請求など、まずはお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせ Webでのお問い合わせ
011-252-2000(代表)  
[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)   バナーをクリックするとお問い合わせフォームが開きます。
 
 
関連情報
 
株式会社岩崎
〒060-0034 北海道札幌市中央区北4条東2丁目1番地 TEL:011-252-2000 FAX:011-252-2009