BIM/CIM Building Information Modeling
Construction Information Modeling/Management

CIMは、調査・測量~設計~施工~維持管理のライフサイクルにおいて3次元モデルを活用することで、従来の業務を効率化したり、3次元モデルにしかできない新たな価値を生み出したりする土木分野の取り組みです。2012年に国土交通省から提言されましたが、国際標準化の動向を踏まえ、建築分野のBIM、土木分野のCIMという概念を改め、地形や構造物などの3次元化全体を『BIM/CIM』として統一することが発表されました。

実際は、3次元モデルを活用するにあたり、いくつかのアプリケーションを組み合わせることで、一層効果を発揮します。たとえば、3次元レーザースキャナで計測した点群データに、3次元CADで作成した設計データを合成することで、設計上の不整合の解消や、より詳細な施工計画検討ツールとして活用ができます。
しかし、アプリケーションの組み合わせ方やデータ連携にはコツが必要です。また、土木のライフサイクル上で、できるだけデータ編集における後戻りを少なくし、3次元モデルがスムーズに流れるようにするためには、技術上および制度上の課題も残されています。

岩崎では、多様なBIM/CIMアプリケーションを所有しております。さまざまな3次元モデルの作成・解析・編集を通じて、3次元モデルの可能性を追求し、お客様の生産性向上をサポートいたします。

商品一覧

製品一覧

PAGE TOP