BIM/CIM Building Information Modeling
Construction Information Modeling/Management

VR技術 Virtual Reality

VR(Virtual Reality:仮想現実)は、さまざまな分野で広く活用され、『VR元年』と呼ばれた2016年を皮切りに建設業界でもBIM/CIM の取り組みを中心に活用され始めており、本物さながらのデータの中を車両やアバター(人体モデル)を操作することで、施工手順や危険箇所などの確認が可能です。
さらに、VRに特化したヘッドマウントディスプレイ(HMD:頭部に装着するディスプレイ)や、ルームセンサー、コントローラーなど、各種デバイス(端末)を装着することで、自分自身がVR空間に没入している臨場感を得られます。
このような新しいデバイスが数多く登場し、建設業界でも日常的に活用されつつあります。

VR体験型安全教育システム
リアルハット®

NETIS登録システム:HK-200003-A

『リアルハット®』は、VRデバイスと3Dモデルを連動させることにより、3DCG空間内に自分自身が没入しているかのような臨場感の中、実際に発生した労働災害を体験できます。被災体験後になぜ災害が起こったのか、どのような対策を講じるべきかを議論し、危険予知能力・安全意識の向上に貢献できるシステムです。

バックホウ災害
バックホウと壁の挟まれ事故を疑似体験する。

足場点検
足場の不安前箇所をVRで疑似体験する。

クレーン災害
確認を怠ると、クレーンから部材が落下する。

展示会や現場事務所での体験の様子


教材もセットでご提供

各種安全法令に基づいた、オリジナルのシラバス(教材)と完全連動しておりますので、効果的な安全教育がどなたでも実践できます!
(シラバス監修:日本大学 理工学部、安全総合調査研究会)

動作環境

OSWindows™ 10以降
CPUIntel™ Core™ i5-4590、AMD FX™ 8350、または同等クラスのCPU以上
メモリ4GB RAM以上 
グラフィックカードNVIDIA GeForce™ GTX 1060、AMD Radeon™ RX 480、または同等クラスのGPU以上 
出力1箇所以上のHDMI 1.4ポートまたはDisplayPort 1.2以上 
USB2箇所以上のUSB 3.0ポート

販売価格

希望小売価格600,000円(税抜)(12コンテンツ収録)
備考※コンテンツ本体の価格です。別途PC・ヘッドマウントディスプレイ(HTC Vive/HTC VIVE Pro)が必要となります。
※導入時、現地サポートが必要な場合は別途費用が発生いたします。
カタログをダウンロード
(PDF 5 MB)

事例紹介

重機運転席からの視野確認 

VRウォークスルー(3人称視点)

AR技術 Augmented Reality

ARAugmented Reality:拡張現実)は、カメラなどを使って映し出される映像の上にさまざまな電子データを重ね合わせて、現実世界を「拡張」する技術です。
スマートフォンやタブレット端末のカメラを現地にかざすと、3DCGを表示させることができます。

たとえば、これからできる構造物の完成イメージを現地スケールで確認したり、地下埋設物などの不可視部分を可視化することなどが可能です。

樋門現場AR

港湾現場AR



既設埋設物AR

浸水予想AR

VR・AR技術に関するお問い合わせを受け付けております。
導入に関するご相談や資料のご請求など、まずはお気軽にご連絡ください。

011-252-2000(代表)

[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)

お問い合わせフォーム

クリックするとお問い合わせフォームが開きます。

関連情報一覧

PAGE TOP