ICT施工 Construction by ICT

3DMCブルドーザ 3D Machine Contorol for bulldozer

IMUセンサーを用いたマシンコントロールシステム
NETIS登録システム:KT-170080-A

敷均し作業でのブレードの高さ位置・勾配を自動コントロール!

3DMCブルドーザは、GNSSまたはTSによる測位技術と、IMU(Inertial Measurement Unit:慣性計測装置、3軸のジャイロセンサーと3方向の加速度センサーを内蔵した装置)による車体姿勢の計測技術により刃先と設計値との差分を算出し、ブレードをコントロールするシステムです。 岩崎は、このIMUを搭載した3DMCブルドーザシステム(トプコン 3DMC²(スクエア))を国内で初めて導入し、3速走行でもブレードの自動制御が追従することなど、その有効性についていち早く検証をしてきました。3DMCブルドーザシステムを使用することによって、オペレータの熟練度に依存しにくく、安定した品質を確保することができます。

岩崎では、トプコン3DMCブルドーザシステムを所有しており、ブルドーザへの取り付け、キャリブレーションを含め、ICT施工への取り組みをサポートします。

全体概要

対象重機ブルドーザ、グレーダー
対象工種盛土撒き出し、路床仕上げ

機器構成図

システムの主なメリット

丁張の削減ブレードの動きを設計値に合わせて自動制御するため、丁張を削減できる。
均一な品質の確保オペレータの熟練度に依存しにくく、安定した施工品質が確保できる。
施工スピード向上重機を止めて、丁張を確認することが不要であるため、施工効率が向上。
GNSS測位、TS測位に対応現場の状況に合わせて、測位技術を選択できる。

画面表示

重機の位置、設計データ、現在のブレードの高さ(L・R)、設計値までの高低差、ブレードの勾配などが表示されます。
排土板が目標高さに自動制御されるので、オペレータの操作は前進後退のみです。
画面上の矢印を直接タッチすることで、オペレータがその場で切盛量を簡単に設定することもできます。

敷き均しにおける操作

敷き均し時には、3DMCのON/OFFをうまく切り替えるのがコツです。

【荒均し】3DMCスイッチをOFFにして3DMGで操作

【仕上げ】3DMCスイッチをONにして自動制御

3DMCブルドーザに関するお問い合わせを受け付けております。
導入に関するご相談や資料のご請求など、まずはお気軽にご連絡ください。

011-252-2000(代表)

[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)

お問い合わせフォーム

クリックするとお問い合わせフォームが開きます。

関連情報一覧

PAGE TOP