BIM/CIM Building Information Modeling
Construction Information Modeling/Management

3次元モデリング 3D Modeling

3次元モデルは、2次元モデルでは把握が困難であった形状をわかりやすく表現できることが特徴です。
構造物の3次元モデルを作成・可視化することにより、詳細な形状の把握や周囲とのとりあい、干渉確認を行うことが可能となります。
また、広範囲に及ぶ地形や街全体をモデリングすることで、地形形状の把握や3次元モデル上でのハザードマップの作成、さらには概略設計の効率化など幅広い活用が考えられます。

フォトリアルレンダリングで工事完成後の景観検討に活用

構造物の躯体・鉄筋モデリング

配筋の干渉チェック

複雑な形状の道路モデル

地域住民への説明

プレゼンテーション・合意形成での活用

計画・設計段階において3次元モデルを使用することで、計画案の比較や景観検討など関係者間での合意形成の円滑化を図ることができ、設計の整合性確保にも寄与します。
施工時には、施工対象の3次元モデルを用いた構造の確認に加え、モデルに時間軸を付与することで施工手順の検討など、打ち合わせや協議の迅速化が期待されます。

パターン1

パターン2

計画案の比較・景観検討

事例紹介

道路の新設工事

完成後のイメージを3次元モデルで可視化し、地域住民との合意形成の場などで活用できます。

地下埋設物の確認

新設道路の工事において、地下埋設物の位置・形状を3次元モデルで把握可能に。

セミナー・トレーニング

岩崎では、BIM/CIMに関するセミナーを実施しております。
パソコンを使用した実践的な内容で、アプリケーションに応じた各種セミナーをご用意しています。

3次元モデリングに関するお問い合わせを受け付けております。
導入に関するご相談や資料のご請求など、まずはお気軽にご連絡ください。

011-252-2000(代表)

[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)

お問い合わせフォーム

クリックするとお問い合わせフォームが開きます。

関連情報一覧

PAGE TOP