BIM/CIM Building Information Modeling
Construction Information Modeling/Management

属性情報 Attribute Information

3次元モデルには工程などの「時間軸」、「出来形」の測定結果、「数量」などあらゆる値を属性情報として付与することが可能です。

これらの属性情報を活用することで形状の把握だけでなく、さまざまな状況をシミュレーションし、従来気づかなかった問題点を浮き彫りにして事前に解決したり、供用後の維持管理の効率化が期待できます。属性情報と3次元モデルを融合したBIM/CIMデータによる情報の一元化が可能になります。

事例紹介

『盛土モデル』×『施工日』×『施工数量』

日々の施工量と合計数量を把握、工程管理へ活用

『ダムボクセルモデル』×『コンクリート打設予定日』×『日当り打設量』

全てを相互リンクし効率的な施工計画へ活用

『土工モデル』×『粉じんレベル』×『気象』

日々の蓄積データから粉じん予測、重点散水など事前対策へ活用

『トンネルモデル』×『設計値』×『出来形実測値』

設計と出来形の差分を可視化、帳票リンクで施工トレーサビリティ活用

属性情報付与~工程シミュレーション

セミナー・トレーニング

岩崎では、BIM/CIMに関するセミナーを実施しております。
パソコンを使用した実践的な内容で、アプリケーションに応じた各種セミナーをご用意しています。

属性情報に関するお問い合わせを受け付けております。
導入に関するご相談や資料のご請求など、まずはお気軽にご連絡ください。

011-252-2000(代表)

[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)

お問い合わせフォーム

クリックするとお問い合わせフォームが開きます。

関連情報一覧

PAGE TOP