モニタリングシステム Monitoring System

自動遠隔観測システム Automatic remote monitoring system

自動遠隔観測システム
NETIS登録システム:HK-180005-A

無人・自動で変位計測が可能に!早朝・深夜でも計測OK

自動遠隔観測システムは、トプコン製TS「MS05AXⅡ」・「MS1AXⅡ」をパソコンから制御して、自動でリアルタイムに対象物の変位を観測する、岩崎のオリジナルシステムです。

岩崎では、自動遠隔観測システムのご提供、操作方法のご説明などを通じてお客様の変位観測業務をサポートいたします。

概要

  • パソコンからトプコン製TS「MS05AXⅡ/MS1AXⅡ」を自動制御
  • 動態観測や構造物の変位計測など、さまざまな現場の定期的な観測を無人で実現
  • 計測結果はPCで自動処理し、取りまとめ作業を低減
  • 観測ボックスはオプションです。雨風や盗難から測量機を守ります。
  • 観測に使用する測量機は、トプコン製TS「MS05AXⅡ/MS1AXⅡ」のみの仕様となります。
  • 専属の観測要員は不要で、自動で連続的な変位観測が可能。観測開始時間や観測スパンも設定可能です。
  • 観測結果が基準値をオーバーした場合、メールでの通知が可能。

軟弱地盤動態観測システムとの連携

  • 観測結果は「軟弱地盤動態観測システム」形式で出力可能
  • 安定管理図や沈下管理図を自動で作成
  • 観測後の速やかな盛土挙動把握や載荷盛土判断が可能

自動遠隔観測システムは「軟弱地盤動態観測システム」と連携することで、軟弱地盤の動態観測をより効率的に行うことが可能となります。観測結果をメールで配信するため、現場に行くことなく観測データを回収し、沈下管理が可能となります。 さらに、沈下板の追加時も継続して観測を行う機能を有しており、盛土施工期間中の継続的な管理が可能となります。

メール配信の流れ
沈下板追加にも対応
※画面は開発中のものです

動画

カタログ

本システムの詳しい資料はこちらよりダウンロードいただけます。
自動遠隔観測システムちらし(PDF:1.05MB)

自動遠隔観測システムに関するお問い合わせを受け付けております。
導入に関するご相談や資料のご請求など、まずはお気軽にご連絡ください。

011-252-2000(代表)

[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)

お問い合わせフォーム

クリックするとお問い合わせフォームが開きます。

関連情報一覧

PAGE TOP