レンタル取扱商品 Rental

工事用車両運行管理システムVasMap

工事用車両の安全・効率的な運行を支援
GNSS
機能付きAndroidタブレットを利用した車両の位置管理/安全運行支援システムです。
ダンプや業務車両のダッシュボードにスマートフォンを設置するだけで、事務所側では車両位置を地図上にて直感的に把握できます。

現場や現場周辺ルートの安全管理・法令遵守のエビデンスとして、保有車両の効率的運用、日報・報告の自動化など、業務特化した機能で土木・建設・物流の車両運行をバックアップします。
VasMap
は、SaaS方式でアプリケーションを提供しているため、お使いのパソコンにソフトをインストールすることなく、今すぐに導入を開始することができます。

 

《メーカー》
アカサカテック
《型番》
H-21 / Android
《活用技術・システム》
  • 建設ICT
NETIS 工事用車両運行管理システム「VASMAP」(QS-160016-VE)

システム運用イメージ

<H-21版>

 <Android版>

特長・機能

リアルタイム位置管理
保有車両のリアルタイム位置を地図上で確認できます。 地図はスムーズに移動・拡大・縮小が可能で、見たい場所をすぐに確認できます。 インターネット環境があればどこからでも素早く状況確認ができ、運行管理者が外出の際など、万が一の場合にも迅速に対処できます。
車載端末からの位置情報は指定間隔(最短1分)で自動的に送信されるので、位置問合せをする必要はなく、常に最新の状況を確認できます。

走行履歴確認
指定した車両の日付毎、指定時間の走行履歴を表示できます。 走行履歴には、業務中に報告したイベントもアイコン表示されるため、1日の業務の流れが視覚的に確認できます。 また、指定ルート外の走行の確認や、最適ルートの選定などにも利用できます。

速度監視機能
予め運搬コースを設定し、制限速度の上限値(閾値)を定めます。工事用車両がそのコースを走行中、万が一速度超過を犯した場合、車載端末から「速度超過です。減速してください」と音声にて警告。合わせて超過した時刻、位置をサーバへ通知します。

音声警報
乗務員に、警報したい危険箇所(KYマップ)やルート案内を、音声にてアナウンスします。警報地点は、管理Webアプリケーションで設定が可能です。
(例)「まもなく事故多発カーブです。減速してください」「50mで一時停止箇所です」「小学校付近です。歩行者に注意してください」

イベント/写真報告
業務開始、作業中、待機、休憩などのイベントを簡単に報告できます。 イベントには、自動で時刻・位置情報が付加されるので、エビデンスの作成にも利用可能です。また、カメラ機能を利用した写真報告が可能です。積み降ろしの確認や緊急時の状況報告など、幅広い用途で応用できます。
報告するイベント項目は業務に即した内容にカスタマイズが可能なため、多種多様な業種に対応することができます。

メッセージ送受信機能
緊急のメッセージや、乗務員へのコース変更等の通知を、自由入力の文書で車両側に送信可能です。
全車両にメッセージを送信したい場合なども、簡単な操作で一斉送信ができます。また、メッセージの送信後は、車両側の既読確認もWeb上で確認ができます。

他車両表示
タブレット画面に、他車両のアイコンを表示します。離合困難箇所などでの、安全な行き違いに有効です。

ドライブレコーダー/画面切り替え
通常の録画機能だけでなく、加速度センサから2Gを検知した場合、直近の動画データをサーバへ自動で送信します。画面は、「Googleマップ+カメラ」⇒「Googleマップ」⇒「カメラ」と切り替えることができます。

車間距離監視・警報機能
仮想ゲートを利用し、他の管理車両と一定距離離れて運行されているか監視が可能です。車間距離が一定距離より接近している際に、乗務員および現場管理者に警報を通知します。排ガスや騒音など、工事現場周辺の住民生活に配慮した車両運行管理が可能です。

CO2排出量計算対応 運転日報/月報出力
車載端末を搭載して運行したコース、報告したイベント等を業務報告として、日報/月報出力することができます。 月報は、全車両の集計、車両毎の月間運行の集計に対応します。
また、走行距離からCO2排出量を算出することができます。車両運行におけるCO2排出量の概算値を把握でき、環境に配慮した運行計画を策定することが可能です。
日報には当日の走行履歴も同時に表示します。 日報はエクセル形式にて出力されるため、容易に内容の追加・修正、御社独自シートとの連動ができます。

特定エリア内の車両数把握
積・卸場所、車両数制限エリアなど現在の車両数を把握することができます。 車両数を把握することで、効率的な配車をサポートします。

背景図表示
山間部などの工事で、地図上に道路などがまだ記載されていない状況では、目標物がなく現在位置が把握できません。VasMap では、ランドマーク設定はもちろん、図面情報をアップロードすることで、道路中心線や施工対象を背景図として地図上に描画することができます。

Webカメラ監視機能
車両待機場所や倉庫内、危険箇所などにWebカメラを設置することで、画面上で現場のライブ映像を確認することができます。
車両の位置情報と現場画像を一元的に管理することで、効率的な運行管理や安全管理に活用できます。

警報機能
特定のイベントが報告された場合、特定エリアに進入した場合、指定コース外を走行した場合に、管理PC画面上にアラートを表示すると共に、音声もしくはパトライト点灯にて管理者に異常を知らせます。
・付属の専用ソフトをインストールする必要があります
・パトライトは別途オプションとなります

オプション機能

車線逸脱警報システム前方衝突アラート連動
生コンクリート管理 トラックスケール連動

仕様

車載端末 対応機種 MediaPad T2 7.0 Pro (機種は変更されることがあります)
(MediaPad M1 8.0/ スマートフォンH-21、M3 Sky)
ネットワーク回線 ブロードバンド インターネット接続回線
管理用PC Pentium III 677MHz以上 (Pentium4 1GHz以上を推奨)
メモリ 256MB以上 (512MB以上を推奨)
モニタ 1024×768ピクセル以上、256色以上
HDD空き容量 100MB以上
対応OS Microsoft Windows XP / Vista / 7
対応ブラウザ Microsoft InternetExplorer 7.0
Microsoft InternetExplorer 8.0
対応OS Microsoft Windows XP 日本語版(ServicePack3以上)
Microsoft Windows Vista 日本語版
Microsoft Windows 7 日本語版
Microsoft Windows 8 日本語版
対応Excel Microsoft Excel 2000
Microsoft Excel XP
Microsoft Excel 2003
Microsoft Excel 2010
Microsoft Excel 2013
地図縮尺 1/1500 ~ 全国
地図更新 変更に応じ随時更新
対応Webカメラ Panasonic BB-HCM531

製品紹介動画

VasMap製品動画(クリックして再生、または動画を保存後に再生)

交通災害防止システム航行MSCO/DRAムスコ

NETIS登録システム: KTK-100007-VE
工事用船舶・車両の現在位置と状態を一元管理できる運航/運行管理支援システム

工事用船舶および一般船舶(AIS搭載船) の現在位置をPC画面の地図上にリアルタイムに表示できます。
航行禁止区域等の監視エリアを設定し、エリアへの進入・脱出時に警報を出すことができます。
上記警報は、事務所PCの画面および船舶上のGNSSを内蔵したPDAの画面と音声で注意喚起できます。

≪メーカー≫ アカサカテック

PAGE TOP