レンタル取扱商品 Rental

GNSSレベル Z-Plus

GNSSレベル
高さ補完機能付きGNSS受信機

・トータルステーション同等の高さ精度を実現!
・簡単セットアップ
・業界初!画期的な1点後方交会
・安心の耐環境性能IP66
・完全ケーブルレス
・オールインワンで軽量な移動局

《メーカー》
トプコン
《型番》
レーザーゾーン用トランスミッター LZ-S5(固定局)、 レーザーゾーン用受光センサーLZ-R5(移動局) 
《活用技術・システム》
  • 建設ICT
NETIS 3Dテクノロジーを用いた計測及び誘導システム(KT-170034-VE)

トータルステーション同等の高さ精度を実現!

LAZER ZONEテクノロジーで高さを補完!
簡単に3次元座標が求められるGNSSを高さ精度が要求される土木作業に対応させるため独自のレーザーゾーン技術を開発しました。ゾーンレーザーの補完範囲内ではGNSSの手軽さで高精度な高さ精度を持った座標が得られます。

フィールドで実証された安定した高さ再現性
大型長脚で固定局を設置し、200m先の移動局での安定性を検証。振動・風の影響を受けやすい厳しい条件にもかかわらず、長時間安定した高さ精度が得られました。

 

広いエリアをカバーするゾーンレーザー
ゾーンレーザーは高さ10m、半径300mの範囲で高さ補完データを照射します。レーザーに高さの幅を持たせることで土木現場の高さ変化を気にせず作業が行えます。

複数台同時使用で作業効率UP
固定局1台につき、移動局3台までを同時接続して使用可能です。また固定局は最大4台まで同時使用が可能です。最大直径2,400m、最大高低差40mまでの広大な現場にも対応できます。

簡単セットアップ

設置が簡単
面倒な操作は必要ありません。簡単手順でスムーズに観測作業に入れます。

業界初!画期的な1点後方交会!
GNSS固定局は基準点に設置する慣例を一新。トータルステーションと同様に任意点への設置が可能になりました。この機能により、現場の状況に応じた固定局設置がおこなえます。更に、基準点を1点測ると固定局座標を計算、最低2点の観測が必要なトータルステーションの後方交会より作業がスムーズです。しかも、一人で作業がおこなえます。

自動整準機能
±3°範囲の自動整準機能が搭載されているので、回転レーザー感覚で設置が可能です。作業中も自動整準機能が働いているので、常に整準状態を保ちます。

仕様

機種名 レーザーゾーン用トランスミッター
LZ-S5(固定局)
レーザーゾーン用受光センサー
LZ-R5(移動局)
タイプ GGD
チャンネル数 226ch
GPS L1/L2
GLONASS L1/L2
Bluetooth(規格) ○(V2.1 + EDR + Class1)
受信信号 GPS:L1 C/A,L1,L2P(Y),L2,L2C コード及びキャリア
GLONASS:L1 C/A,L1P,L2 C/A,L2P コード及びキャリア
精度 垂直10″※
データ更新間隔 10Hz
RTKデータフォーマット RTCM SC104 v3.x
レーザー使用範囲(半径) ±10°(5~30m)、±5m(30~300m)
レーザークラス クラス1
レーザーチャンネル数 4ch
回転数 600rpm
自動整準範囲 ±3°
レベリング 自動
寸法 W232 × D192 × H280 mm W147 × D149 × H231 mm
質量(バッテリー含む) 4.3kg 1.4kg
電源 BT-67Q BDC70
使用時間 8時間
動作温度範囲 -20℃ ~ +50℃
保存温度範囲 -30℃ ~ +60℃
耐水性及び耐じん性 JIS C0920 保護等級IP66 に準拠
接続数 同時3接続まで可能 1接続まで可能
国土地理院登録 1級GNSS測量機

※ もやが無く視程が約40km、曇っていてかげろうがない状態。

カタログをダウンロード
(PDF 2 MB)
PAGE TOP