Home > 会社案内 > 沿革
 
1947(昭和22)年 岩崎測量器(株)を札幌市北区北7条西5丁目に設立。
1957(昭和32)年 岩崎測量器(株)駅前営業所を開設。
1958(昭和33)年 資本金150万円増資、年商1億円、社員13名となる。
1960(昭和35)年 資本金400万円。本社を札幌市北区北4条西5丁目の旧駅前営業所に移転。
1963(昭和38)年 資本金1,000万円、年商3億6,000万円、社員53名。旭川、釧路、函館出張所を開設。
1964(昭和39)年 年商4億8,000万円。東京出張所を開設。
1965(昭和40)年 古口等士取締役営業部長、専務取締役に就任。
1967(昭和42)年 札幌卸センターに本社移転。北7条西5丁目の修理工場も本社に入る。北見出張所を開設。
1968(昭和43)年 網走出張所を開設。
1969(昭和44)年 年商11億3,000万円。苫小牧出張所を開設。
1971(昭和46)年 年商15億円、社員98名。室蘭、帯広営業所を開設。
1973(昭和48)年 岩崎自動図化システムを開発。
1974(昭和49)年 札幌北税務署より優良法人として表敬される。
1975(昭和50)年 札幌市中央区北4条西5丁目所有地に岩崎ビル竣工。貸ビルとして所有。
1976(昭和51)年 旭川支店を旭川流通団地内に竣工。ソフト開発エンジニアリング(株)を設立。
1978(昭和53)年 代表取締役社長古口貞義が会長に、専務取締役古口等士が代表取締役社長に就任。
1979(昭和54)年 年商45億円。岩崎本社に自動図化センターを開設。
1980(昭和55)年 年商52億円。稚内営業所を開設。
1982(昭和57)年 道路CADを発売。岩崎マイコン教室を開設。岩崎メンテナンスサービス(株)を設立。
1990(平成 2)年 年商70億円。古口聡、ソフト開発エンジニアリング(株)社長に就任。(有)スタック発足。
1992(平成 4)年 古口聡取締役、専務取締役に就任。
1993(平成 5)年 年商80億円。
1994(平成 6)年 留萌営業所、小樽出張所を開設。
1995(平成 7)年 古口聡専務取締役、営業本部長に就任。帯広支店、新社屋完成。
1996(平成 8)年 売上高100億円突破。株式会社岩崎 創立50周年記念感謝の集い開催。
1997(平成 9)年 代表取締役社長古等士、北海道産業貢献賞を授賞。
1999(平成11)年 古口聡、代表取締役社長に就任。代表取締役社長古口等士が死去。
         札幌市中央区北4条東2丁目1番地 岩崎本社ビル落成。
2000(平成12)年 岩崎レンタルサービス(株)発足。
2001(平成13)年 タクシー防犯カメラシステム 開発・販売
2003(平成15)年 SFA(Sales Force Automation) 開発・運用
2004(平成16)年 中国製地震計の直輸入、販売開始
2006(平成18)年 株式会社岩崎 創立60周年記念祝賀会開催
2007(平成19)年 情報化施工技術の講習会及び体験実習を開始
2008(平成20)年 (独)防災科学技術研究所様へ地震計700台(5年間累計)納入
2009(平成21)年 (株)岩崎主催情報化施工技術の体験実習(当別町美登江)に254名の参加者
         MC高速追従ブレード装備ブルドーザ7t型 1台を国内初導入
         MCブルドーザ13t型 1台、MGバックホウ 1台購入
2010(平成22)年 MC高速追従ブレード装備ブルドーザ7t型 1台購入
         MC高速追従ブレード装備ブルドーザ20t型 1台購入
2011(平成23)年 MC高速追従ブレード装備ブルドーザ7t型 3台購入
         MC高速追従ブレード装備ブルドーザ13t型 1台購入
         ISO9001:2008 認証取得(本社)
2013(平成25)年 ISO27001:2013 認証取得(全社)
2014(平成26)年 東京支店を拡充・移転
2015(平成27)年 ISO9001:2008認証取得(全社)
2016(平成28)年 岩崎メンテナンス・サービス(株)、岩崎レンタルサービス(株)、札幌トプコン販売(株)を吸収合併
2017(平成29)年 資本金2億円増資、2億9,999万円となる。ISO9001:2015認証取得(全社)
2018(平成30)年 (株)デンソーから1億5,000万円の出資を受け、資本金を4億6198万5,200円に増資。
2019(平成31-令和1)年 資本金を4億7398万400円に増資。
 
株式会社岩崎
〒060-0034 北海道札幌市中央区北4条東2丁目1番地 TEL:011-252-2000 FAX:011-252-2009