Home > 取扱製品・サービス > 岩崎ソリューション > 精密農業 >可変施肥システム CropSpec

可変施肥システム「CropSpec」は、トラクタで走行しながら、窒素センサーにより小麦(対象品種:きたほなみ)の生育状態を計測し、幼穂形成期および止葉期の肥料(追肥)の散布量をリアルタイムに制御するシステムです。

窒素センサーは、レーザー発光式で夜間や曇天でも計測が可能です。このシステムには、秋まき小麦である「きたほなみ」を対象にした「処方箋データベース」が搭載されており、計測した窒素含有量から適正な施肥量が算出されます。
なお、本技術は、地方独立行政法人 北海道立総合研究機構「普及推進事項(新たな技術・品種として普及を推進すべき事項)」の「推進技術」に認定されています。

 
システム概要
【可変施肥システムの主なメリット】
  • 育成ばらつきの均一化(品質の平準化)
  • 散布肥料の削減
  • 過剰施肥による倒伏の軽減
  • 最適散布による歩留りの向上・タンパクの平準化

また、本技術にさらに改良が加わり、基肥や小麦以外の作物(てんさい、ばれいしょ等)への施肥に対して、過去の生育ばらつきの情報をもとに施肥作業を行う「マップ施肥」が可能になりました。

岩崎では、可変施肥システムをはじめ、システムから出力される生育マップ・施肥マップデータの活用のご提案、ソフトウェアの操作トレーニングなど含めてトータルでサポートいたします。
 
可変施肥システムによる作物の収量効果
作物 収量効果 可変施肥システムの主な利用方式 
小麦  5%増(製品収量) センサーによるリアルタイム施肥
てんさい 5.9%増(糖量) マップ施肥
ばれいしょ  3.2%増 マップ施肥
 (十勝農業試験場提供資料を参考)
 
可変施肥の様子
 
CropSpecユーザーインタビュー
2013年から販売およびレンタルを開始した可変施肥システム「CropSpec」は、全道各地で導入が進んでいます。ご購入されたお客様の声をご紹介します。 
CropSpecユーザーインタビュー(PDF:1.34MB)
 (クリックで新しいウィンドウが開きます)
 
公開実演会
> 精密農業公開実演会
岩崎では、農家様向けの公開実演会を実施しております。GNSSを活用したトラクタのオート走行や、窒素センサーを用いた可変施肥システム、UAV(ドローン)によるセンシングなど最新技術を応用した精密農業をご紹介いたします。
 
お問い合わせ
精密農業に関するお問い合わせ
こちらの製品・サービスに関するお問い合わせを受け付けております。
導入に関するご相談や資料のご請求など、まずはお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせ Webでのお問い合わせ
011-252-2000(代表)  
[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)   バナーをクリックするとお問い合わせフォームが開きます。
 
 
関連情報
 
株式会社岩崎
〒060-0034 北海道札幌市中央区北4条東2丁目1番地 TEL:011-252-2000 FAX:011-252-2009