Home > 取扱製品・サービス > 岩崎ソリューション > 情報化施工 > 地盤改良管理システム
 
地盤改良管理システム
【NETIS登録システム】 No.HK-110024-VE
高い作業効率を実現する岩崎オリジナルガイダンスシステム

■岩崎オリジナル情報化施工シリーズ■
地盤改良管理システムは、GNSSを用いた3DMGバックホウシステムに岩崎が開発した専用アプリケーションを組み合わせることで、表層・中層・深層の各混合処理工法において、施工位置と改良深度(深度管理は表層・中層混合処理工法のみ)を管理するマシンガイダンスシステムです。
 オペレータは、画面を見るだけで改良状況を把握できるため、改良不足の防止による品質の均一化や作業の効率化が可能です。また、事前に事務所側のシステムで改良区画割りや改良体の位置データを作成するため、従来必要であった現場での作業が大幅に軽減されます。さらに、施工後はデータを事務所側のシステムに日々取り込むことで、施工状況の把握や帳票作成が可能です。複数のバックホウが稼働する現場においてもデータを統合的に管理できます。
岩崎では、この地盤改良管理システムをご提供し、お客様の重機への取り付け・キャリブレーションなどを含めて、運用をサポートいたします。
 
 
全体概要
対象重機 バックホウ 
対象工種 地盤改良工
概要図
◆ システムの主なメリット
区画割り作業の軽減 事前に事務所側のシステムで計画したデータを車載システムに取り込むことで、現場での区画割りや杭芯の位置出し作業が軽減。
安定した改良品質の確保 …  改良不足を防止することで、安定した改良品質を確保。また、オペレータの熟練度に依存しにくい、わかりやすい操作体系を実現。
改良作業の効率化 オペレータは、改良状況をリアルタイムに確認できるため、作業が効率化。
現場の安全性が向上 区画位置をガイダンスするため、改良作業エリアに作業者が立ち入る必要がなく、従来より安全性が向上。
※ なお、表層・中層・深層の各混合処理工法によって、次のようにシステム上で管理できる項目が異なります。
 ・ 深度管理は、表層・中層混合処理工法のみ。
 ・ 攪拌回数の管理は、表層混合処理工法のみ。
 ・ 杭芯の出来形管理は、深層混合処理工法のみ。
  
地盤改良管理システム 表層混合処理工法

バックホウ混合処理工法に対応
  土砂・セメント系固化材のバックホウ混合処理工法に対応。
選べる施工モード
  深度管理と、施工回数管理の2つのモードを現場により使い分けることができます。
施工記録
  施工済区画を記録することで作業効率化を図り、帳票として出力が可能です。
  
地盤改良管理システム 中層混合処理工法

多くの工法に対応
  ※バックホウベースの施工機械に取り付け可能。
※2ピースブームの場合はご相談ください。
出来形帳票の作成
  施工位置・深度記録と、深度変位出来形帳票を作成可能。
既存システムにての変位出来形管理の場合は施工記録のみの出力となります。  
  
地盤改良管理システム 深層混合処理工法 ※バックホウ施工機器に対応
 
杭芯傾斜ガイダンス
  GNSSによる杭芯ガイダンスとともに、チルトセンサーによる正面、側面2方向の傾斜をガイダンス。より高精度な施工を実現します。
出来形記録
  施工箇所の杭芯を記録することで、出来形管理が省力化。
深度については、従来システムの管理になります。
  
地盤改良管理システムに関するお問合せはこちら
担当者 : 企画調査部 企画開発グループ 情報化施工チーム 佐藤
Email : info@iwasakinet.co.jp
(※メールの本文には、貴社名、ご担当者名、ご連絡先をお書きください。)
 
 
 
株式会社岩崎
〒060-0034 北海道札幌市中央区北4条東2丁目1番地 TEL:011-252-2000 FAX:011-252-2009