Home > セミナー・イベント > セミナー・イベント一覧 > 3次元レーザースキャナ操作説明
 
3次元レーザースキャナ操作説明
Topcon社製GLS-1500/2000、またはLeica社製ScanStationC10/P20による計測方法及び計測後のデータ合成、簡易な編集方法をご説明いたします。
 
概要
日 程 1日 場 所 お客様現場など
費 用 200,000円(税別)
交通費、宿泊費は別途いただきます頂きます。
対象者
特 典
  • 講習後、1ヶ月間の電話サポート付き。
  • 電話サポートは平日月曜~金曜(祝祭日を除く)、営業時間内(9:00~17:00)の対応となります。
講習内容
  1. 3次元レーザースキャナの計測方法
    • 実機を用いた計測方法の説明(Topcon社製GLS-1500/2000 または Leica社製ScanStationC10/P20)
  2. データ合成
    • 点群処理ソフトを用いた取得点群データの合成およびノイズ除去についての説明
  3. データ編集
    • 点群処理ソフトを用いた点群データの基本的な解析方法についての説明
使用機器一覧
メーカー   TOPCON Leica
機種 GLS-1500

GLS-2000
(ロングタイプ)
ScanStation
C10

ScanStation
P20

スキャニング  測定距離   反射率90%  ノーマルモード:330m/ロングモード:500m 標準モード:500m 300m -
反射率18% ノーマルモード:150m/ロングモード:230m 標準モード:210m 134m 120m
(最短測定可能距離 0.4 m)
反射率9% - 近距離・路面モード:40m - -
ターゲット測定精度 3" (σ) / 50m 3.5mm(σ) 2 mm (σ)
スキャンスピード 30,000点/秒 近距離・路面モード:最大 60,000点 / 秒
路面(高出力)モード:最大 120,000点 / 秒
最大50,000点/秒(瞬間値) 最大1,000,000点 / 秒
レーザー 1535nm不可視 1064nm 532nm可視光(緑) 808nm(不可視) / 658nm(可視)
スキャン対象 道路
山林、崖
雨・雪・濡れた面 ×
*近距離モード
トンネル
(測定範囲)

(最大:水平360゜、鉛直±35゜)

(H:360°/V:270°)
○(最大:水平360゜、鉛直270゜) 
外観  寸法 240(D)×240(W)×566(H) mm 228(D)×293 (W)× 412(H) mm 238(D)×358(W)×395(H) mm
質量 16kg (バッテリー、基盤除く) 10kg (整準台、バッテリーを含む) 13kg (バッテリー除く) 11.9kg (バッテリー除く)
編集ソフト ImageMaster MAGNET Collage Leyca Cyclone Leyca Cyclone
その他詳細 GLS-1500(TOPCON H.P) GLS-2000(TOPCON H.P) ScanStationC10(Leica H.P) ScanStation P20(Leica H.P)
レンタル

長期間計測する必要がある場合は、3次元レーザースキャナをレンタルし、お客様自ら計測を行うことで計測経費を低減できます。

詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

 
お問い合わせ
3次元レーザースキャナ操作説明に関するお問い合わせ
こちらの操作説明に関するお問い合わせは、お電話またはフォームから受け付けております。
内容の確認後、折り返し担当者よりご連絡差し上げます。ご希望の人数や日程など、まずはお気軽にご連絡ください。
お電話でのお問い合わせ Webでのお問い合わせ
011-252-2000(代表)  
[受付時間] 平日8:30~17:30(土日祝・弊社休業日を除く)   バナーをクリックするとお問い合わせフォームが開きます。
 
  
 
株式会社岩崎
〒060-0034 北海道札幌市中央区北4条東2丁目1番地 TEL:011-252-2000 FAX:011-252-2009