1. 岩崎フェア2019TOP>
  2. 開催概要

開催概要

第52回岩崎トータルソリューションフェア2019の概要をお知らせいたします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

名称・テーマ 第52回岩崎トータルソリューションフェア2019
サステイナブルな社会インフラの実現に向けて
~i-Constructionで生産性革命~
会期 2019年4月11日(木) 9:30~17:00
12日(金) 9:00~17:00
会場 札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1) >>交通アクセス
展示会 :1階大ホール
セミナー:1階中ホール、107・108会議室、104・105会議室
主催 株式会社岩崎
展示会入場料 無料(登録制)
ご来場に際し、本ウェブページでの事前登録が必要となります。>>ご来場に際して
  • 当日受付でもご入場いただけますが、入場証を発行するのにお時間を要する場合がございますので、あらかじめのご登録をおすすめいたします。
  • 来場事前登録は、フェア終了時(~4/13 17:00)まで可能です。フェア開始後でも、ぜひご登録のうえお越しください。


社長挨拶

謹啓 陽春の候、貴社益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社主催の岩崎フェアも、今年で第52回目を開催する運びとなりました。これも偏に皆様のご指導ご鞭撻の賜物と心より御礼申し上げます。
さて、今回の岩崎フェアは、「サステイナブルな社会インフラの実現に向けて~i-Constructionで生産性革命~」というテーマをもとに企画して参りました。
現在、わが国の社会インフラは、新たなインフラづくりが求められる一方で、高度経済成長期以降に建設されたインフラ施設の多くが耐用年数を超え、老朽化するという問題に直面しております。また、地震・津波・風水雪害・火山噴火等の自然災害の多い土地柄、防災減災を意識した安心安全な社会インフラをいかに維持していくかが重要な課題となっております。

しかしながら、現在、少子高齢化により労働生産性人口が著しく減少しており、なかでも建設業界では深刻な技能労働者不足となっております。こうした問題を解決するために、国土交通省では、人工知能(AI)やロボティクス等新技術の導入により建設現場の生産性を向上するi-Constructionの取り組みをさらに強化する考えを示しており、弊社におきましても、深化した独自の製品サービスで、お客様の生産性革命のお手伝いをさせて頂ければ幸いに存じます。

そして、未来の世代も現在と同じように発展の恩恵を受けながら暮らせる社会を実現するため、地球環境に配慮したサステイナブル(持続可能)な社会インフラをいかに構築していくかということが、インフラ事業に携わる私たちの使命ではないでしょうか。

今回、展示会場・セミナー会場では、i-Construction関連を始めとした様々な最先端技術を集結し、弊社社員がメーカーのエキスパートと共に、最新の製品・技術をご紹介させていただきます。現場の実務者の方々のスキルアップや、経営層の皆様の経営課題の解決の糸口となれば幸いに存じます。
 大変お忙しい時節かと存じますが、是非ご来場賜りますようお願い申し上げます。

謹 白

2019年3月吉日