岩崎トータルソリューションフェア2018

セミナー一覧

セミナー番号クリックで、各セミナーの詳細情報欄に移動します。
タイトルにカーソルを合わせることでセミナーの内容、メーカーにカーソルを合わせることで講師の情報が表示されます。


講演会・セミナーのお申し込み受付は終了しました。




A11基調講演
インフラ点検へのロボット×AI導入の取り組みと今後の方向性

国土交通省が進めるロボットの導入施策についてご紹介いたします。国交省では、インフラ点検や災害対応のためのロボット技術を公募し現場検証を実施してきました。本講演では、点検ロボットの利用場面や要求性能の設定、さらには人工知能関連施策展開についてご紹介いたします。

国土交通省
総合政策局 公共事業企画調整課
企画専門官
新田 恭士 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)10:00~11:30(90分)中ホール\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(D11)
モーションキャプチャ技術による非接触3次元動的挙動計測
2018-04-12
10:00~10:40
モーションキャプチャシステムを利用した非接触の3次元動的挙動計測の事例が増えてきています。その対象は構造物の振動計測や橋梁の変位等、多岐に渡ります。またドローンやロボットの制御にも用いられる事も多く当該技術の原理や実際に行ってきた事例をご紹介致します。
(D12)
インフラ構造物の最先端診断技術のご紹介
2018-04-12
11:20~12:00
非破壊試験機の最新型および最先端の診断技術をご紹介します。新型シュミット、最新型電磁波レーダー、最新型超音波試験機、橋梁モニタリング技術、橋梁床版診断技術をご紹介します。
(C11)
フォーラムエイトが進めるCIM、 i-Construction
2018-04-12
10:00~10:40
3次元バーチャルリアリティソフトウェアUC-win/Roadを中心とした各種土木設計・構造解析ソフトやクラウドシステムとの連携、UAV・建設機械の遠隔制御、土量計算等、BIM/CIM、i-Constructionを統合的に支援するIM&VRソリューションと活用事例をご紹介します。
(C12)
PC-MAPPING & 出簡調2 Latest Infomation!
2018-04-12
11:20~12:00
PC-MAPPINGの最新情報を実際の操作をメインにご紹介します。
・UAVコース設計(カメラ撮影・レーザー撮影)
・点群データ(クラウドポイント)の利用 他
また、出簡調2便利機能であるExcelリンク機能と実際に導入されている自治体様の事例もご紹介します。
(B11)
i-Constructionプラス
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が推進する「i-Construction」は国から地方自治体への展開とともに、2017年度は土工に加えて舗装工、浚渫工でも導入され今後更に他工種への導入拡大が進んでおります。こうした変化に対応する為の新技術や手法につき皆様にご提案をさせて頂きます。

セミナー一覧へ


A12特別講演
VRを用いた計画・設計・施工の効果と潜在的な魅力と付加価値

都市計画や設計分野でのVRや点群データやドローンの活用事例、施工現場での安全教育に活用した事例のご紹介から、VRの持つ合意形成、事前検討という機能の他に、本来のVRの潜在的な効果や付加価値についてご紹介いたします。

日本大学
理工学部 土木工学科
教授
関 文夫 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)13:00~14:30(90分)中ホール\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(D13)
UAVレーザシステムの現状と課題
2018-04-12
13:00~13:40
UAV測量向けLiDARの小型化・高性能化とソフトの充実で適用範囲が急激に広がってきました。さまざまなフィールドで活用されているUAVレーザシステムの現状と課題について紹介します。
(D14)
IOT×3D×コラボレーションで実現する現場の生産性革命
2018-04-12
14:20~15:00
施工現場でCIM/i-Conを実現するためには、日々の出来形や変状などの3次元モデルを簡単に作成することが必要です。本セミナーでは、現場の生産性向上に寄与する施工見える化サービスならびに現場コラボレーションツール【CIM-LINK】をご紹介します。
(B12)
ICT活用工事を取組む前に知っておくべき10のこと
2018-04-12
13:00~14:30
2018年度北海道のICT活用工事を取組む前に、知っておくべき10のことを5つのプロセスに合わせて解説! i-Constructionに取り組んで、生産性向上を目指しましょう!
・雪が降ったらどうするの? 
・3次元設計データはどのように作成?
★セミナー会場でお待ちしています!
(C13)
メディア多様化の時代におけるホームページの在り方とは?
2018-04-12
13:00~13:40
インターネットの普及で様々なデバイスから情報にアクセスできる今、更にホームページの進化が重要です。本セッションでは最新の市場動向と、開設するだけの”見せる”ホームページから、効果の上がる”魅せる”ホームページへの転換をご紹介致します。
(C14)
senseFly UAV製品および事例紹介
2018-04-12
14:10~14:50
senseFly UAV製品(固定翼および回転翼UAV)の概要説明と各アプリケーション(写真測量(地形測量、オルソ合成、土量計算)、リモートセンシング(精密農業、森林調査)、インフラ点検)における事例紹介を致します。

セミナー一覧へ


A13パネルディスカッション
ICTを活用したこれからの建設業の将来像

2012年度からはCIM、2016年度からはi-Constructionがそれぞれスタートし、VR/AR、ロボット、IoTなど最新技術によって、ICTを活用した建設業界の生産性向上が進んでいます。
このような新技術の今後とそれらを活用した建設業界の将来像について、先進的な取り組みを先導してきたパネリストが議論します。

国土交通省/日本大学/西武建設 株式会社/一二三北路 株式会社/株式会社 岩崎
国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課 企画専門官 新田 恭士 氏
日本大学 理工学部 土木工学科 教授 関 文夫 氏
西武建設 株式会社 土木事業部 エンジニアリング部長 蛯原 巌 氏
一二三北路 株式会社 土木工事部 課長 坂下 淳一 氏
株式会社 岩崎 代表取締役 社長執行役員 古口 聡
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)15:10~16:40(90分)中ホール\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(D15)
自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェアPix4Dmapperのご紹介
2018-04-12
15:40~16:20
ドローン等の空撮画像から三次元点群データを作成するためのSfMソフトウェアとして多くのユーザー様にご利用を頂いておりますが、本セミナーでは基本的なソフトの活用からその他のケースまで幅広いPix4Dmapperの使い方をご説明いたします。
(B13)
移動体計測システムによる ”ICT舗装工” への対応と効率化
2018-04-12
15:00~15:40
TPSのトラッキング機能、高精度なスキャニング技術、そしてIMUを統合したProScanは、高速・高精度で3次元計測を実現する移動型スキャニングシステムで、ICT舗装工における生産性向上を強力にサポートするシステムとして期待されます。
(B14)
アカサカテックの建設業向けクラウドシステムのご紹介
2018-04-12
16:10~16:50
i-Constructionの河川・道路土工はもちろん舗装、橋梁、浚渫などに対応したアカサカテックのクラウドシステムをご紹介いたします。
クラウドアプリをメインにGNSSやAndroidなどのIoTを利用したアプリケーションで建設業をサポートいたします。
(C15)
「圃場の見える化」技術とその活用
2018-04-12
15:20~16:50
ドローンによるセンシング、トラクタによる生育ばらつきの把握、IoTセンサーによる土壌のデータ取得など岩崎では様々な「圃場の見える化」を推進しており、その結果を施肥作業や収量予測などへ活用するサービス体系と事例を紹介します。

セミナー一覧へ


B11i-Constructionプラス
−仮想と現実を3Dデータで結ぶー

国土交通省が推進する「i-Construction」は国から地方自治体への展開とともに、2017年度は土工に加えて舗装工、浚渫工でも導入され今後更に他工種への導入拡大が進んでおります。こうした変化に対応する為の新技術や手法につき皆様にご提案をさせて頂きます。

株式会社トプコンソキアポジショニングジャパン
3D営業グループ
課長
菊池 誠勇 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)10:00~11:30(90分)107-108\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A11)
基調講演
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が進めるロボットの導入施策についてご紹介いたします。国交省では、インフラ点検や災害対応のためのロボット技術を公募し現場検証を実施してきました。本講演では、点検ロボットの利用場面や要求性能の設定、さらには人工知能関連施策展開についてご紹介いたします。
(C11)
フォーラムエイトが進めるCIM、 i-Construction
2018-04-12
10:00~10:40
3次元バーチャルリアリティソフトウェアUC-win/Roadを中心とした各種土木設計・構造解析ソフトやクラウドシステムとの連携、UAV・建設機械の遠隔制御、土量計算等、BIM/CIM、i-Constructionを統合的に支援するIM&VRソリューションと活用事例をご紹介します。
(C12)
PC-MAPPING & 出簡調2 Latest Infomation!
2018-04-12
11:20~12:00
PC-MAPPINGの最新情報を実際の操作をメインにご紹介します。
・UAVコース設計(カメラ撮影・レーザー撮影)
・点群データ(クラウドポイント)の利用 他
また、出簡調2便利機能であるExcelリンク機能と実際に導入されている自治体様の事例もご紹介します。
(D11)
モーションキャプチャ技術による非接触3次元動的挙動計測
2018-04-12
10:00~10:40
モーションキャプチャシステムを利用した非接触の3次元動的挙動計測の事例が増えてきています。その対象は構造物の振動計測や橋梁の変位等、多岐に渡ります。またドローンやロボットの制御にも用いられる事も多く当該技術の原理や実際に行ってきた事例をご紹介致します。
(D12)
インフラ構造物の最先端診断技術のご紹介
2018-04-12
11:20~12:00
非破壊試験機の最新型および最先端の診断技術をご紹介します。新型シュミット、最新型電磁波レーダー、最新型超音波試験機、橋梁モニタリング技術、橋梁床版診断技術をご紹介します。

セミナー一覧へ


B12ICT活用工事を取組む前に知っておくべき10のこと

2018年度北海道のICT活用工事を取組む前に、知っておくべき10のことを5つのプロセスに合わせて解説! i-Constructionに取り組んで、生産性向上を目指しましょう!
・雪が降ったらどうするの? 
・3次元設計データはどのように作成?
★セミナー会場でお待ちしています!

株式会社建設システム
札幌営業所
JCMA i-Construction認定講師
大平 涼 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)13:00~14:30(90分)107-108\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A12)
特別講演
2018-04-12
13:00~14:30
都市計画や設計分野でのVRや点群データやドローンの活用事例、施工現場での安全教育に活用した事例のご紹介から、VRの持つ合意形成、事前検討という機能の他に、本来のVRの潜在的な効果や付加価値についてご紹介いたします。
(D13)
UAVレーザシステムの現状と課題
2018-04-12
13:00~13:40
UAV測量向けLiDARの小型化・高性能化とソフトの充実で適用範囲が急激に広がってきました。さまざまなフィールドで活用されているUAVレーザシステムの現状と課題について紹介します。
(D14)
IOT×3D×コラボレーションで実現する現場の生産性革命
2018-04-12
14:20~15:00
施工現場でCIM/i-Conを実現するためには、日々の出来形や変状などの3次元モデルを簡単に作成することが必要です。本セミナーでは、現場の生産性向上に寄与する施工見える化サービスならびに現場コラボレーションツール【CIM-LINK】をご紹介します。
(C13)
メディア多様化の時代におけるホームページの在り方とは?
2018-04-12
13:00~13:40
インターネットの普及で様々なデバイスから情報にアクセスできる今、更にホームページの進化が重要です。本セッションでは最新の市場動向と、開設するだけの”見せる”ホームページから、効果の上がる”魅せる”ホームページへの転換をご紹介致します。
(C14)
senseFly UAV製品および事例紹介
2018-04-12
14:10~14:50
senseFly UAV製品(固定翼および回転翼UAV)の概要説明と各アプリケーション(写真測量(地形測量、オルソ合成、土量計算)、リモートセンシング(精密農業、森林調査)、インフラ点検)における事例紹介を致します。

セミナー一覧へ


B13移動体計測システムによる ”ICT舗装工” への対応と効率化

TPSのトラッキング機能、高精度なスキャニング技術、そしてIMUを統合したProScanは、高速・高精度で3次元計測を実現する移動型スキャニングシステムで、ICT舗装工における生産性向上を強力にサポートするシステムとして期待されます。

ライカジオシステムズ株式会社
ジオスペーシャルソリューション事業部
セールスマネージャー
金子 公一 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)15:00~15:40(40分)107-108\1,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A13)
パネルディスカッション
2018-04-12
15:10~16:40
2012年度からはCIM、2016年度からはi-Constructionがそれぞれスタートし、VR/AR、ロボット、IoTなど最新技術によって、ICTを活用した建設業界の生産性向上が進んでいます。
このような新技術の今後とそれらを活用した建設業界の将来像について、先進的な取り組みを先導してきたパネリストが議論します。
(D14)
IOT×3D×コラボレーションで実現する現場の生産性革命
2018-04-12
14:20~15:00
施工現場でCIM/i-Conを実現するためには、日々の出来形や変状などの3次元モデルを簡単に作成することが必要です。本セミナーでは、現場の生産性向上に寄与する施工見える化サービスならびに現場コラボレーションツール【CIM-LINK】をご紹介します。
(D15)
自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェアPix4Dmapperのご紹介
2018-04-12
15:40~16:20
ドローン等の空撮画像から三次元点群データを作成するためのSfMソフトウェアとして多くのユーザー様にご利用を頂いておりますが、本セミナーでは基本的なソフトの活用からその他のケースまで幅広いPix4Dmapperの使い方をご説明いたします。
(C15)
「圃場の見える化」技術とその活用
2018-04-12
15:20~16:50
ドローンによるセンシング、トラクタによる生育ばらつきの把握、IoTセンサーによる土壌のデータ取得など岩崎では様々な「圃場の見える化」を推進しており、その結果を施肥作業や収量予測などへ活用するサービス体系と事例を紹介します。

セミナー一覧へ


B14アカサカテックの建設業向けクラウドシステムのご紹介

i-Constructionの河川・道路土工はもちろん舗装、橋梁、浚渫などに対応したアカサカテックのクラウドシステムをご紹介いたします。
クラウドアプリをメインにGNSSやAndroidなどのIoTを利用したアプリケーションで建設業をサポートいたします。

株式会社アカサカテック
営業部
アシスタントマネージャー
高橋 善彦 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)16:10~16:50(40分)107-108\1,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A13)
パネルディスカッション
2018-04-12
15:10~16:40
2012年度からはCIM、2016年度からはi-Constructionがそれぞれスタートし、VR/AR、ロボット、IoTなど最新技術によって、ICTを活用した建設業界の生産性向上が進んでいます。
このような新技術の今後とそれらを活用した建設業界の将来像について、先進的な取り組みを先導してきたパネリストが議論します。
(D15)
自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェアPix4Dmapperのご紹介
2018-04-12
15:40~16:20
ドローン等の空撮画像から三次元点群データを作成するためのSfMソフトウェアとして多くのユーザー様にご利用を頂いておりますが、本セミナーでは基本的なソフトの活用からその他のケースまで幅広いPix4Dmapperの使い方をご説明いたします。
(C15)
「圃場の見える化」技術とその活用
2018-04-12
15:20~16:50
ドローンによるセンシング、トラクタによる生育ばらつきの把握、IoTセンサーによる土壌のデータ取得など岩崎では様々な「圃場の見える化」を推進しており、その結果を施肥作業や収量予測などへ活用するサービス体系と事例を紹介します。

セミナー一覧へ


C11フォーラムエイトが進めるCIM、 i-Construction

3次元バーチャルリアリティソフトウェアUC-win/Roadを中心とした各種土木設計・構造解析ソフトやクラウドシステムとの連携、UAV・建設機械の遠隔制御、土量計算等、BIM/CIM、i-Constructionを統合的に支援するIM&VRソリューションと活用事例をご紹介します。

株式会社フォーラムエイト
札幌事務所
稀代 欣嗣 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)10:00~10:40(40分)104-105\1,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A11)
基調講演
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が進めるロボットの導入施策についてご紹介いたします。国交省では、インフラ点検や災害対応のためのロボット技術を公募し現場検証を実施してきました。本講演では、点検ロボットの利用場面や要求性能の設定、さらには人工知能関連施策展開についてご紹介いたします。
(D11)
モーションキャプチャ技術による非接触3次元動的挙動計測
2018-04-12
10:00~10:40
モーションキャプチャシステムを利用した非接触の3次元動的挙動計測の事例が増えてきています。その対象は構造物の振動計測や橋梁の変位等、多岐に渡ります。またドローンやロボットの制御にも用いられる事も多く当該技術の原理や実際に行ってきた事例をご紹介致します。
(B11)
i-Constructionプラス
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が推進する「i-Construction」は国から地方自治体への展開とともに、2017年度は土工に加えて舗装工、浚渫工でも導入され今後更に他工種への導入拡大が進んでおります。こうした変化に対応する為の新技術や手法につき皆様にご提案をさせて頂きます。

セミナー一覧へ


C12PC-MAPPING & 出簡調2 Latest Infomation!

PC-MAPPINGの最新情報を実際の操作をメインにご紹介します。
・UAVコース設計(カメラ撮影・レーザー撮影)
・点群データ(クラウドポイント)の利用 他
また、出簡調2便利機能であるExcelリンク機能と実際に導入されている自治体様の事例もご紹介します。

株式会社マプコン
成田 亜由美 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)11:20~12:00(40分)104-105\1,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A11)
基調講演
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が進めるロボットの導入施策についてご紹介いたします。国交省では、インフラ点検や災害対応のためのロボット技術を公募し現場検証を実施してきました。本講演では、点検ロボットの利用場面や要求性能の設定、さらには人工知能関連施策展開についてご紹介いたします。
(D12)
インフラ構造物の最先端診断技術のご紹介
2018-04-12
11:20~12:00
非破壊試験機の最新型および最先端の診断技術をご紹介します。新型シュミット、最新型電磁波レーダー、最新型超音波試験機、橋梁モニタリング技術、橋梁床版診断技術をご紹介します。
(B11)
i-Constructionプラス
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が推進する「i-Construction」は国から地方自治体への展開とともに、2017年度は土工に加えて舗装工、浚渫工でも導入され今後更に他工種への導入拡大が進んでおります。こうした変化に対応する為の新技術や手法につき皆様にご提案をさせて頂きます。

セミナー一覧へ


C13メディア多様化の時代におけるホームページの在り方とは?

インターネットの普及で様々なデバイスから情報にアクセスできる今、更にホームページの進化が重要です。本セッションでは最新の市場動向と、開設するだけの”見せる”ホームページから、効果の上がる”魅せる”ホームページへの転換をご紹介致します。

株式会社ディーエスブランド
営業本部
本部長
小濱 慶郎 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)13:00~13:40(40分)104-105無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A12)
特別講演
2018-04-12
13:00~14:30
都市計画や設計分野でのVRや点群データやドローンの活用事例、施工現場での安全教育に活用した事例のご紹介から、VRの持つ合意形成、事前検討という機能の他に、本来のVRの潜在的な効果や付加価値についてご紹介いたします。
(B12)
ICT活用工事を取組む前に知っておくべき10のこと
2018-04-12
13:00~14:30
2018年度北海道のICT活用工事を取組む前に、知っておくべき10のことを5つのプロセスに合わせて解説! i-Constructionに取り組んで、生産性向上を目指しましょう!
・雪が降ったらどうするの? 
・3次元設計データはどのように作成?
★セミナー会場でお待ちしています!
(D13)
UAVレーザシステムの現状と課題
2018-04-12
13:00~13:40
UAV測量向けLiDARの小型化・高性能化とソフトの充実で適用範囲が急激に広がってきました。さまざまなフィールドで活用されているUAVレーザシステムの現状と課題について紹介します。

セミナー一覧へ


C14senseFly UAV製品および事例紹介

senseFly UAV製品(固定翼および回転翼UAV)の概要説明と各アプリケーション(写真測量(地形測量、オルソ合成、土量計算)、リモートセンシング(精密農業、森林調査)、インフラ点検)における事例紹介を致します。

ジオサーフ株式会社
マーケティング・グループ
シニア・セールスエンジニア
藤田 義人 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)14:10~14:50(40分)104-105無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A12)
特別講演
2018-04-12
13:00~14:30
都市計画や設計分野でのVRや点群データやドローンの活用事例、施工現場での安全教育に活用した事例のご紹介から、VRの持つ合意形成、事前検討という機能の他に、本来のVRの潜在的な効果や付加価値についてご紹介いたします。
(B12)
ICT活用工事を取組む前に知っておくべき10のこと
2018-04-12
13:00~14:30
2018年度北海道のICT活用工事を取組む前に、知っておくべき10のことを5つのプロセスに合わせて解説! i-Constructionに取り組んで、生産性向上を目指しましょう!
・雪が降ったらどうするの? 
・3次元設計データはどのように作成?
★セミナー会場でお待ちしています!
(D14)
IOT×3D×コラボレーションで実現する現場の生産性革命
2018-04-12
14:20~15:00
施工現場でCIM/i-Conを実現するためには、日々の出来形や変状などの3次元モデルを簡単に作成することが必要です。本セミナーでは、現場の生産性向上に寄与する施工見える化サービスならびに現場コラボレーションツール【CIM-LINK】をご紹介します。

セミナー一覧へ


C15「圃場の見える化」技術とその活用

ドローンによるセンシング、トラクタによる生育ばらつきの把握、IoTセンサーによる土壌のデータ取得など岩崎では様々な「圃場の見える化」を推進しており、その結果を施肥作業や収量予測などへ活用するサービス体系と事例を紹介します。

株式会社岩崎
企画調査部 企画開発グループ 精密農業チーム
課長代理
金子 和真
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)15:20~16:50(90分)104-105無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A13)
パネルディスカッション
2018-04-12
15:10~16:40
2012年度からはCIM、2016年度からはi-Constructionがそれぞれスタートし、VR/AR、ロボット、IoTなど最新技術によって、ICTを活用した建設業界の生産性向上が進んでいます。
このような新技術の今後とそれらを活用した建設業界の将来像について、先進的な取り組みを先導してきたパネリストが議論します。
(B13)
移動体計測システムによる ”ICT舗装工” への対応と効率化
2018-04-12
15:00~15:40
TPSのトラッキング機能、高精度なスキャニング技術、そしてIMUを統合したProScanは、高速・高精度で3次元計測を実現する移動型スキャニングシステムで、ICT舗装工における生産性向上を強力にサポートするシステムとして期待されます。
(B14)
アカサカテックの建設業向けクラウドシステムのご紹介
2018-04-12
16:10~16:50
i-Constructionの河川・道路土工はもちろん舗装、橋梁、浚渫などに対応したアカサカテックのクラウドシステムをご紹介いたします。
クラウドアプリをメインにGNSSやAndroidなどのIoTを利用したアプリケーションで建設業をサポートいたします。
(D15)
自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェアPix4Dmapperのご紹介
2018-04-12
15:40~16:20
ドローン等の空撮画像から三次元点群データを作成するためのSfMソフトウェアとして多くのユーザー様にご利用を頂いておりますが、本セミナーでは基本的なソフトの活用からその他のケースまで幅広いPix4Dmapperの使い方をご説明いたします。

セミナー一覧へ


D11モーションキャプチャ技術による非接触3次元動的挙動計測

モーションキャプチャシステムを利用した非接触の3次元動的挙動計測の事例が増えてきています。その対象は構造物の振動計測や橋梁の変位等、多岐に渡ります。またドローンやロボットの制御にも用いられる事も多く当該技術の原理や実際に行ってきた事例をご紹介致します。

オプティトラック・ジャパン株式会社
伊東 正皓 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)10:00~10:40(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A11)
基調講演
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が進めるロボットの導入施策についてご紹介いたします。国交省では、インフラ点検や災害対応のためのロボット技術を公募し現場検証を実施してきました。本講演では、点検ロボットの利用場面や要求性能の設定、さらには人工知能関連施策展開についてご紹介いたします。
(C11)
フォーラムエイトが進めるCIM、 i-Construction
2018-04-12
10:00~10:40
3次元バーチャルリアリティソフトウェアUC-win/Roadを中心とした各種土木設計・構造解析ソフトやクラウドシステムとの連携、UAV・建設機械の遠隔制御、土量計算等、BIM/CIM、i-Constructionを統合的に支援するIM&VRソリューションと活用事例をご紹介します。
(B11)
i-Constructionプラス
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が推進する「i-Construction」は国から地方自治体への展開とともに、2017年度は土工に加えて舗装工、浚渫工でも導入され今後更に他工種への導入拡大が進んでおります。こうした変化に対応する為の新技術や手法につき皆様にご提案をさせて頂きます。

セミナー一覧へ


D12インフラ構造物の最先端診断技術のご紹介

非破壊試験機の最新型および最先端の診断技術をご紹介します。新型シュミット、最新型電磁波レーダー、最新型超音波試験機、橋梁モニタリング技術、橋梁床版診断技術をご紹介します。

エフティーエス株式会社
特機営業部
藤原 貴央 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)11:20~12:00(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A11)
基調講演
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が進めるロボットの導入施策についてご紹介いたします。国交省では、インフラ点検や災害対応のためのロボット技術を公募し現場検証を実施してきました。本講演では、点検ロボットの利用場面や要求性能の設定、さらには人工知能関連施策展開についてご紹介いたします。
(C12)
PC-MAPPING & 出簡調2 Latest Infomation!
2018-04-12
11:20~12:00
PC-MAPPINGの最新情報を実際の操作をメインにご紹介します。
・UAVコース設計(カメラ撮影・レーザー撮影)
・点群データ(クラウドポイント)の利用 他
また、出簡調2便利機能であるExcelリンク機能と実際に導入されている自治体様の事例もご紹介します。
(B11)
i-Constructionプラス
2018-04-12
10:00~11:30
国土交通省が推進する「i-Construction」は国から地方自治体への展開とともに、2017年度は土工に加えて舗装工、浚渫工でも導入され今後更に他工種への導入拡大が進んでおります。こうした変化に対応する為の新技術や手法につき皆様にご提案をさせて頂きます。

セミナー一覧へ


D13UAVレーザシステムの現状と課題

UAV測量向けLiDARの小型化・高性能化とソフトの充実で適用範囲が急激に広がってきました。さまざまなフィールドで活用されているUAVレーザシステムの現状と課題について紹介します。

株式会社快適空間FC
代表取締役社長
鵜飼 尚弘 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)13:00~13:40(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A12)
特別講演
2018-04-12
13:00~14:30
都市計画や設計分野でのVRや点群データやドローンの活用事例、施工現場での安全教育に活用した事例のご紹介から、VRの持つ合意形成、事前検討という機能の他に、本来のVRの潜在的な効果や付加価値についてご紹介いたします。
(B12)
ICT活用工事を取組む前に知っておくべき10のこと
2018-04-12
13:00~14:30
2018年度北海道のICT活用工事を取組む前に、知っておくべき10のことを5つのプロセスに合わせて解説! i-Constructionに取り組んで、生産性向上を目指しましょう!
・雪が降ったらどうするの? 
・3次元設計データはどのように作成?
★セミナー会場でお待ちしています!
(C13)
メディア多様化の時代におけるホームページの在り方とは?
2018-04-12
13:00~13:40
インターネットの普及で様々なデバイスから情報にアクセスできる今、更にホームページの進化が重要です。本セッションでは最新の市場動向と、開設するだけの”見せる”ホームページから、効果の上がる”魅せる”ホームページへの転換をご紹介致します。

セミナー一覧へ


D14IOT×3D×コラボレーションで実現する現場の生産性革命

施工現場でCIM/i-Conを実現するためには、日々の出来形や変状などの3次元モデルを簡単に作成することが必要です。本セミナーでは、現場の生産性向上に寄与する施工見える化サービスならびに現場コラボレーションツール【CIM-LINK】をご紹介します。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
社会基盤営業部
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)14:20~15:00(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A12)
特別講演
2018-04-12
13:00~14:30
都市計画や設計分野でのVRや点群データやドローンの活用事例、施工現場での安全教育に活用した事例のご紹介から、VRの持つ合意形成、事前検討という機能の他に、本来のVRの潜在的な効果や付加価値についてご紹介いたします。
(B12)
ICT活用工事を取組む前に知っておくべき10のこと
2018-04-12
13:00~14:30
2018年度北海道のICT活用工事を取組む前に、知っておくべき10のことを5つのプロセスに合わせて解説! i-Constructionに取り組んで、生産性向上を目指しましょう!
・雪が降ったらどうするの? 
・3次元設計データはどのように作成?
★セミナー会場でお待ちしています!
(B13)
移動体計測システムによる ”ICT舗装工” への対応と効率化
2018-04-12
15:00~15:40
TPSのトラッキング機能、高精度なスキャニング技術、そしてIMUを統合したProScanは、高速・高精度で3次元計測を実現する移動型スキャニングシステムで、ICT舗装工における生産性向上を強力にサポートするシステムとして期待されます。
(C14)
senseFly UAV製品および事例紹介
2018-04-12
14:10~14:50
senseFly UAV製品(固定翼および回転翼UAV)の概要説明と各アプリケーション(写真測量(地形測量、オルソ合成、土量計算)、リモートセンシング(精密農業、森林調査)、インフラ点検)における事例紹介を致します。

セミナー一覧へ


D15自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェアPix4Dmapperのご紹介

ドローン等の空撮画像から三次元点群データを作成するためのSfMソフトウェアとして多くのユーザー様にご利用を頂いておりますが、本セミナーでは基本的なソフトの活用からその他のケースまで幅広いPix4Dmapperの使い方をご説明いたします。

株式会社イメージ ワン
GEOソリューショングループ
統括マネージャー(Pix4D社公認トレーナー)
石川 紀明 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月12日(木)15:40~16:20(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A13)
パネルディスカッション
2018-04-12
15:10~16:40
2012年度からはCIM、2016年度からはi-Constructionがそれぞれスタートし、VR/AR、ロボット、IoTなど最新技術によって、ICTを活用した建設業界の生産性向上が進んでいます。
このような新技術の今後とそれらを活用した建設業界の将来像について、先進的な取り組みを先導してきたパネリストが議論します。
(B13)
移動体計測システムによる ”ICT舗装工” への対応と効率化
2018-04-12
15:00~15:40
TPSのトラッキング機能、高精度なスキャニング技術、そしてIMUを統合したProScanは、高速・高精度で3次元計測を実現する移動型スキャニングシステムで、ICT舗装工における生産性向上を強力にサポートするシステムとして期待されます。
(B14)
アカサカテックの建設業向けクラウドシステムのご紹介
2018-04-12
16:10~16:50
i-Constructionの河川・道路土工はもちろん舗装、橋梁、浚渫などに対応したアカサカテックのクラウドシステムをご紹介いたします。
クラウドアプリをメインにGNSSやAndroidなどのIoTを利用したアプリケーションで建設業をサポートいたします。
(C15)
「圃場の見える化」技術とその活用
2018-04-12
15:20~16:50
ドローンによるセンシング、トラクタによる生育ばらつきの把握、IoTセンサーによる土壌のデータ取得など岩崎では様々な「圃場の見える化」を推進しており、その結果を施肥作業や収量予測などへ活用するサービス体系と事例を紹介します。

セミナー一覧へ


A21AI × 土木
〜最新技術がもたらすこれからの可能性〜

いま世界中で注目を集めるAI(人工知能)。囲碁・クイズ・医療・自動運転・金融・・・など様々な業界でめざましい成果をもたらしつつあるAIを土木技術に応用するとどうなるのでしょうか!?岩崎独自の視点からご紹介します。これからの新しいテクノロジーについて、いっしょにわくわくしながら共有しましょう!

株式会社 岩崎
取締役 常務執行役員
木下 大也
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)10:00~11:30(90分)中ホール\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(D21)
最新非破壊検査機器がもたらす現場の安全化・効率化
2018-04-13
10:00~10:40
世界25カ国の現場で、約12,000台が導入されている電磁波レーダ「ストラクチャスキャン SIR-EZシリーズ」や、その他最新非破壊査機器を、実際の現場データをもとに、従来との比較や、業務効率化、安全化、事故防止策について現場のプロがご紹介いたします。
(D22)
国産リモコンボート型マルチビームソナーとScanSueveyPIXEL
2018-04-13
11:20~12:00
リモコンボート搭載型マルチビームソナーのCARPHIN VとUAVで撮影した写真から3次元点群データを作成するScanSurveyPIXELのご紹介。マルチビームソナーを使った水中地形、ScanSurveyPIXELを使った陸上地形をScanSurveyZを使ってあらゆるシーンを3次元化します。
(B21)
i-ConstructionとCIMの最新動向
2018-04-13
10:00~11:30
国土交通省は2018年を「生産性革命”深化の年”」と位置付けました。3年目を迎えるi-Constructionは地方自治体への普及拡大をみせ、CIMにおいても活用の充実に向けた整備が進んでいきます。建設業界の最新動向について、活用事例を交えながらご紹介します。
(C21)
進化する原価管理の最新技術
2018-04-13
10:00~11:30
建設原価には、コンクリートのように硬い原価と、綿あめのように軟らかい原価があります。硬い原価は管理不能であり、原価管理は軟らかい原価を誘導することで成果を上げることが、新しい原価管理の方向であります。本セミナーではそれらを分かりやすく解説します。

セミナー一覧へ


A22ドローンによる橋梁点検と画像解析
〜i-Constructionを支える最新計測技術〜

生産性向上を実現するためのドローンやLSなどの計測技術や、取得したデータをクラウドを用いて効率的に解析・点検する取り組みを(株)デンソーと(株)岩崎の共同プロジェクトによる事例を通してご紹介いたします。

株式会社 デンソー 株式会社 岩崎
株式会社 デンソー
技術開発センター Robotics開発室 室長
加藤 直也 氏
株式会社 岩崎
企画調査部 企画開発グループ 3次元計測チーム 係長
山本 紀彦
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)13:00~14:30(90分)中ホール\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(D23)
入札制度改正と今後の安全管理
2018-04-13
13:00~13:40
1.入札制度改正による変化と今後
2.ISO45001の発行と2種類のJIS規格
3.今後対応すべき内容
(D24)
大容量点群データを活用したプレゼンテーション
2018-04-13
14:20~15:00
航空レーザー、MMS、地上レーザー、UAVからの点群生成データ等の大容量の点群データを間引くことなく圧縮し、32bitのノートPCでどなたでも簡単に閲覧可能なソフトウェアの紹介です。プレゼンテーションやシュミレーションも可能です。
(B22)
特別講演
2018-04-13
13:00~14:30
進化めまぐるしいAIが、多くの企業が抱える数々の課題を解決できるのではないかと注目が集まっています。
土木・建設業界においてもAIを導入する日は、すぐそこまで来ています。
今セミナーでは、AIの概要や身近な活用事例を紹介いたします。
(C22)
新製品・イメージングスキャナーBLK360による3D計測のご紹介
2018-04-13
13:00~13:40
BLK360イメージングスキャナーは小型、軽量、簡単操作の地上型レーザースキャナーです。直径100mm、高さ165mm、重量1kgと軽量かつコンパクトなため、設置困難な場所での活用が期待されます。また、簡単操作で未経験の方でも直ぐに3D計測が可能です。
(C23)
CIM・i-Constructionを実現するシステムの活用と構築について
2018-04-13
14:20~15:00
i-Constructionが推進される中で、弊社が展開するシステムがどのフェーズで活用でき、また他のフェーズとデータ連携を図ってCIMの概念を実現すべく、現在活用できるインフラを最大限活用しながら施工の効率化を実現するための提言を行います。

セミナー一覧へ


A23いまこそCIMに取り組むべき理由
〜事例で学ぶ、明日から始める、CIMのすすめ〜

ICTの導入により生産性の向上を図る建設業界において、CIMの活用は必要不可欠となっております。本セミナーではCIMの事例を中心に、どのようにCIMを学び、取り入れ、活用し現場の生産性向上に繋げることが出来たのかご紹介致します。

株式会社岩崎
企画調査部 企画開発グループ CIMチーム
主任
熊谷 大輔
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)15:10~16:40(90分)中ホール\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(D25)
ウェアラブルIoT「みまもりがじゅ丸」の有効活用
2018-04-13
15:40~16:20
どの産業においても高齢となりつつあるベテラン作業者は、貴重な戦力です。検査などの特別な状況ではなく、勤務中の体調が捉えられるなら、体調悪化による事故を未然に防げたり、事故の早期発見ができるかも。健康で長く働くお手伝い。そんな事例とともに紹介します。
(B23)
特別講演
2018-04-13
15:10~16:40
北海道の建設現場における諸条件を解決すべく取り組みをされている2社をお招きして、建設現場での「生産性の向上」「働き方改革」について問題点を解消する取り組みをご紹介いただきながら、これからの建設業の在り方についてご講演いただきます。
(C24)
RIEGL UAVレーザー/TLS 最新動向
2018-04-13
15:40~16:20
UAVによるレーザー計測システムの最新ラインナップ、国内での展開について最新動向をご紹介。 TLSにおきましては、i-Constructionの現場でいかに効率良くレーザー計測を行っていくかをご紹介いたします。

セミナー一覧へ


B21i-ConstructionとCIMの最新動向
〜3次元への対応と有効活用〜

国土交通省は2018年を「生産性革命”深化の年”」と位置付けました。3年目を迎えるi-Constructionは地方自治体への普及拡大をみせ、CIMにおいても活用の充実に向けた整備が進んでいきます。建設業界の最新動向について、活用事例を交えながらご紹介します。

福井コンピュータ株式会社
営業部 営業推進課
池場 謙次 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)10:00~11:30(90分)107-108\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A21)
AI × 土木
2018-04-13
10:00~11:30
いま世界中で注目を集めるAI(人工知能)。囲碁・クイズ・医療・自動運転・金融・・・など様々な業界でめざましい成果をもたらしつつあるAIを土木技術に応用するとどうなるのでしょうか!?岩崎独自の視点からご紹介します。これからの新しいテクノロジーについて、いっしょにわくわくしながら共有しましょう!
(D21)
最新非破壊検査機器がもたらす現場の安全化・効率化
2018-04-13
10:00~10:40
世界25カ国の現場で、約12,000台が導入されている電磁波レーダ「ストラクチャスキャン SIR-EZシリーズ」や、その他最新非破壊査機器を、実際の現場データをもとに、従来との比較や、業務効率化、安全化、事故防止策について現場のプロがご紹介いたします。
(D22)
国産リモコンボート型マルチビームソナーとScanSueveyPIXEL
2018-04-13
11:20~12:00
リモコンボート搭載型マルチビームソナーのCARPHIN VとUAVで撮影した写真から3次元点群データを作成するScanSurveyPIXELのご紹介。マルチビームソナーを使った水中地形、ScanSurveyPIXELを使った陸上地形をScanSurveyZを使ってあらゆるシーンを3次元化します。
(C21)
進化する原価管理の最新技術
2018-04-13
10:00~11:30
建設原価には、コンクリートのように硬い原価と、綿あめのように軟らかい原価があります。硬い原価は管理不能であり、原価管理は軟らかい原価を誘導することで成果を上げることが、新しい原価管理の方向であります。本セミナーではそれらを分かりやすく解説します。

セミナー一覧へ


B22特別講演
AIの進化とビジネスへの活用

進化めまぐるしいAIが、多くの企業が抱える数々の課題を解決できるのではないかと注目が集まっています。
土木・建設業界においてもAIを導入する日は、すぐそこまで来ています。
今セミナーでは、AIの概要や身近な活用事例を紹介いたします。

北海道科学大学
工学部情報工学科
教授
川上 敬 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)13:00~14:30(90分)107-108\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A22)
ドローンによる橋梁点検と画像解析
2018-04-13
13:00~14:30
生産性向上を実現するためのドローンやLSなどの計測技術や、取得したデータをクラウドを用いて効率的に解析・点検する取り組みを(株)デンソーと(株)岩崎の共同プロジェクトによる事例を通してご紹介いたします。
(D23)
入札制度改正と今後の安全管理
2018-04-13
13:00~13:40
1.入札制度改正による変化と今後
2.ISO45001の発行と2種類のJIS規格
3.今後対応すべき内容
(D24)
大容量点群データを活用したプレゼンテーション
2018-04-13
14:20~15:00
航空レーザー、MMS、地上レーザー、UAVからの点群生成データ等の大容量の点群データを間引くことなく圧縮し、32bitのノートPCでどなたでも簡単に閲覧可能なソフトウェアの紹介です。プレゼンテーションやシュミレーションも可能です。
(C22)
新製品・イメージングスキャナーBLK360による3D計測のご紹介
2018-04-13
13:00~13:40
BLK360イメージングスキャナーは小型、軽量、簡単操作の地上型レーザースキャナーです。直径100mm、高さ165mm、重量1kgと軽量かつコンパクトなため、設置困難な場所での活用が期待されます。また、簡単操作で未経験の方でも直ぐに3D計測が可能です。
(C23)
CIM・i-Constructionを実現するシステムの活用と構築について
2018-04-13
14:20~15:00
i-Constructionが推進される中で、弊社が展開するシステムがどのフェーズで活用でき、また他のフェーズとデータ連携を図ってCIMの概念を実現すべく、現在活用できるインフラを最大限活用しながら施工の効率化を実現するための提言を行います。

セミナー一覧へ


B23特別講演
これからの建設業の在り方〜ICTを活用した建設現場の「カイゼン」〜

北海道の建設現場における諸条件を解決すべく取り組みをされている2社をお招きして、建設現場での「生産性の向上」「働き方改革」について問題点を解消する取り組みをご紹介いただきながら、これからの建設業の在り方についてご講演いただきます。

齊藤建設株式会社/植村建設株式会社
齊藤建設株式会社
専務取締役 坂口 吉穗 氏
植村建設株式会社
開発企画 ICT事業部 取締役 部長 山本 雅 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)15:10~16:40(90分)107-108\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A23)
いまこそCIMに取り組むべき理由
2018-04-13
15:10~16:40
ICTの導入により生産性の向上を図る建設業界において、CIMの活用は必要不可欠となっております。本セミナーではCIMの事例を中心に、どのようにCIMを学び、取り入れ、活用し現場の生産性向上に繋げることが出来たのかご紹介致します。
(D25)
ウェアラブルIoT「みまもりがじゅ丸」の有効活用
2018-04-13
15:40~16:20
どの産業においても高齢となりつつあるベテラン作業者は、貴重な戦力です。検査などの特別な状況ではなく、勤務中の体調が捉えられるなら、体調悪化による事故を未然に防げたり、事故の早期発見ができるかも。健康で長く働くお手伝い。そんな事例とともに紹介します。
(C24)
RIEGL UAVレーザー/TLS 最新動向
2018-04-13
15:40~16:20
UAVによるレーザー計測システムの最新ラインナップ、国内での展開について最新動向をご紹介。 TLSにおきましては、i-Constructionの現場でいかに効率良くレーザー計測を行っていくかをご紹介いたします。

セミナー一覧へ


C21進化する原価管理の最新技術
〜現場経営の新技術〜

建設原価には、コンクリートのように硬い原価と、綿あめのように軟らかい原価があります。硬い原価は管理不能であり、原価管理は軟らかい原価を誘導することで成果を上げることが、新しい原価管理の方向であります。本セミナーではそれらを分かりやすく解説します。

地域経済研究所
所長
阿座上 洋吉 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)10:00~11:30(90分)104-105\2,000
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A21)
AI × 土木
2018-04-13
10:00~11:30
いま世界中で注目を集めるAI(人工知能)。囲碁・クイズ・医療・自動運転・金融・・・など様々な業界でめざましい成果をもたらしつつあるAIを土木技術に応用するとどうなるのでしょうか!?岩崎独自の視点からご紹介します。これからの新しいテクノロジーについて、いっしょにわくわくしながら共有しましょう!
(B21)
i-ConstructionとCIMの最新動向
2018-04-13
10:00~11:30
国土交通省は2018年を「生産性革命”深化の年”」と位置付けました。3年目を迎えるi-Constructionは地方自治体への普及拡大をみせ、CIMにおいても活用の充実に向けた整備が進んでいきます。建設業界の最新動向について、活用事例を交えながらご紹介します。
(D21)
最新非破壊検査機器がもたらす現場の安全化・効率化
2018-04-13
10:00~10:40
世界25カ国の現場で、約12,000台が導入されている電磁波レーダ「ストラクチャスキャン SIR-EZシリーズ」や、その他最新非破壊査機器を、実際の現場データをもとに、従来との比較や、業務効率化、安全化、事故防止策について現場のプロがご紹介いたします。
(D22)
国産リモコンボート型マルチビームソナーとScanSueveyPIXEL
2018-04-13
11:20~12:00
リモコンボート搭載型マルチビームソナーのCARPHIN VとUAVで撮影した写真から3次元点群データを作成するScanSurveyPIXELのご紹介。マルチビームソナーを使った水中地形、ScanSurveyPIXELを使った陸上地形をScanSurveyZを使ってあらゆるシーンを3次元化します。

セミナー一覧へ


C22新製品・イメージングスキャナーBLK360による3D計測のご紹介

BLK360イメージングスキャナーは小型、軽量、簡単操作の地上型レーザースキャナーです。直径100mm、高さ165mm、重量1kgと軽量かつコンパクトなため、設置困難な場所での活用が期待されます。また、簡単操作で未経験の方でも直ぐに3D計測が可能です。

ライカジオシステムズ株式会社
モニタリング&ソリューション営業部
営業
浅野 真 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)13:00~13:40(40分)104-105無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A22)
ドローンによる橋梁点検と画像解析
2018-04-13
13:00~14:30
生産性向上を実現するためのドローンやLSなどの計測技術や、取得したデータをクラウドを用いて効率的に解析・点検する取り組みを(株)デンソーと(株)岩崎の共同プロジェクトによる事例を通してご紹介いたします。
(B22)
特別講演
2018-04-13
13:00~14:30
進化めまぐるしいAIが、多くの企業が抱える数々の課題を解決できるのではないかと注目が集まっています。
土木・建設業界においてもAIを導入する日は、すぐそこまで来ています。
今セミナーでは、AIの概要や身近な活用事例を紹介いたします。
(D23)
入札制度改正と今後の安全管理
2018-04-13
13:00~13:40
1.入札制度改正による変化と今後
2.ISO45001の発行と2種類のJIS規格
3.今後対応すべき内容

セミナー一覧へ


C23CIM・i-Constructionを実現するシステムの活用と構築について

i-Constructionが推進される中で、弊社が展開するシステムがどのフェーズで活用でき、また他のフェーズとデータ連携を図ってCIMの概念を実現すべく、現在活用できるインフラを最大限活用しながら施工の効率化を実現するための提言を行います。

ジオサーフ株式会社
マーケティング・グループ
取締役
新居 和展 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)14:20~15:00(40分)104-105無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A22)
ドローンによる橋梁点検と画像解析
2018-04-13
13:00~14:30
生産性向上を実現するためのドローンやLSなどの計測技術や、取得したデータをクラウドを用いて効率的に解析・点検する取り組みを(株)デンソーと(株)岩崎の共同プロジェクトによる事例を通してご紹介いたします。
(B22)
特別講演
2018-04-13
13:00~14:30
進化めまぐるしいAIが、多くの企業が抱える数々の課題を解決できるのではないかと注目が集まっています。
土木・建設業界においてもAIを導入する日は、すぐそこまで来ています。
今セミナーでは、AIの概要や身近な活用事例を紹介いたします。
(D24)
大容量点群データを活用したプレゼンテーション
2018-04-13
14:20~15:00
航空レーザー、MMS、地上レーザー、UAVからの点群生成データ等の大容量の点群データを間引くことなく圧縮し、32bitのノートPCでどなたでも簡単に閲覧可能なソフトウェアの紹介です。プレゼンテーションやシュミレーションも可能です。

セミナー一覧へ


C24RIEGL UAVレーザー/TLS 最新動向

UAVによるレーザー計測システムの最新ラインナップ、国内での展開について最新動向をご紹介。 TLSにおきましては、i-Constructionの現場でいかに効率良くレーザー計測を行っていくかをご紹介いたします。

リーグルジャパン株式会社
営業部
佐々木 公一 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)15:40~16:20(40分)104-105無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A23)
いまこそCIMに取り組むべき理由
2018-04-13
15:10~16:40
ICTの導入により生産性の向上を図る建設業界において、CIMの活用は必要不可欠となっております。本セミナーではCIMの事例を中心に、どのようにCIMを学び、取り入れ、活用し現場の生産性向上に繋げることが出来たのかご紹介致します。
(B23)
特別講演
2018-04-13
15:10~16:40
北海道の建設現場における諸条件を解決すべく取り組みをされている2社をお招きして、建設現場での「生産性の向上」「働き方改革」について問題点を解消する取り組みをご紹介いただきながら、これからの建設業の在り方についてご講演いただきます。
(D25)
ウェアラブルIoT「みまもりがじゅ丸」の有効活用
2018-04-13
15:40~16:20
どの産業においても高齢となりつつあるベテラン作業者は、貴重な戦力です。検査などの特別な状況ではなく、勤務中の体調が捉えられるなら、体調悪化による事故を未然に防げたり、事故の早期発見ができるかも。健康で長く働くお手伝い。そんな事例とともに紹介します。

セミナー一覧へ


D21最新非破壊検査機器がもたらす現場の安全化・効率化
〜現場事例〜

世界25カ国の現場で、約12,000台が導入されている電磁波レーダ「ストラクチャスキャン SIR-EZシリーズ」や、その他最新非破壊査機器を、実際の現場データをもとに、従来との比較や、業務効率化、安全化、事故防止策について現場のプロがご紹介いたします。

KEYTEC株式会社
東京オフィス
営業部長
安藤 康志 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)10:00~10:40(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A21)
AI × 土木
2018-04-13
10:00~11:30
いま世界中で注目を集めるAI(人工知能)。囲碁・クイズ・医療・自動運転・金融・・・など様々な業界でめざましい成果をもたらしつつあるAIを土木技術に応用するとどうなるのでしょうか!?岩崎独自の視点からご紹介します。これからの新しいテクノロジーについて、いっしょにわくわくしながら共有しましょう!
(B21)
i-ConstructionとCIMの最新動向
2018-04-13
10:00~11:30
国土交通省は2018年を「生産性革命”深化の年”」と位置付けました。3年目を迎えるi-Constructionは地方自治体への普及拡大をみせ、CIMにおいても活用の充実に向けた整備が進んでいきます。建設業界の最新動向について、活用事例を交えながらご紹介します。
(C21)
進化する原価管理の最新技術
2018-04-13
10:00~11:30
建設原価には、コンクリートのように硬い原価と、綿あめのように軟らかい原価があります。硬い原価は管理不能であり、原価管理は軟らかい原価を誘導することで成果を上げることが、新しい原価管理の方向であります。本セミナーではそれらを分かりやすく解説します。

セミナー一覧へ


D22国産リモコンボート型マルチビームソナーとScanSueveyPIXEL

リモコンボート搭載型マルチビームソナーのCARPHIN VとUAVで撮影した写真から3次元点群データを作成するScanSurveyPIXELのご紹介。マルチビームソナーを使った水中地形、ScanSurveyPIXELを使った陸上地形をScanSurveyZを使ってあらゆるシーンを3次元化します。

株式会社ビィーシステム
営業
佐藤 浩司 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)11:20~12:00(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A21)
AI × 土木
2018-04-13
10:00~11:30
いま世界中で注目を集めるAI(人工知能)。囲碁・クイズ・医療・自動運転・金融・・・など様々な業界でめざましい成果をもたらしつつあるAIを土木技術に応用するとどうなるのでしょうか!?岩崎独自の視点からご紹介します。これからの新しいテクノロジーについて、いっしょにわくわくしながら共有しましょう!
(B21)
i-ConstructionとCIMの最新動向
2018-04-13
10:00~11:30
国土交通省は2018年を「生産性革命”深化の年”」と位置付けました。3年目を迎えるi-Constructionは地方自治体への普及拡大をみせ、CIMにおいても活用の充実に向けた整備が進んでいきます。建設業界の最新動向について、活用事例を交えながらご紹介します。
(C21)
進化する原価管理の最新技術
2018-04-13
10:00~11:30
建設原価には、コンクリートのように硬い原価と、綿あめのように軟らかい原価があります。硬い原価は管理不能であり、原価管理は軟らかい原価を誘導することで成果を上げることが、新しい原価管理の方向であります。本セミナーではそれらを分かりやすく解説します。

セミナー一覧へ


D23入札制度改正と今後の安全管理

1.入札制度改正による変化と今後
2.ISO45001の発行と2種類のJIS規格
3.今後対応すべき内容

株式会社コンピュータ・システム研究所
北日本支社 管理課
松野 哲哉 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)13:00~13:40(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A22)
ドローンによる橋梁点検と画像解析
2018-04-13
13:00~14:30
生産性向上を実現するためのドローンやLSなどの計測技術や、取得したデータをクラウドを用いて効率的に解析・点検する取り組みを(株)デンソーと(株)岩崎の共同プロジェクトによる事例を通してご紹介いたします。
(B22)
特別講演
2018-04-13
13:00~14:30
進化めまぐるしいAIが、多くの企業が抱える数々の課題を解決できるのではないかと注目が集まっています。
土木・建設業界においてもAIを導入する日は、すぐそこまで来ています。
今セミナーでは、AIの概要や身近な活用事例を紹介いたします。
(C22)
新製品・イメージングスキャナーBLK360による3D計測のご紹介
2018-04-13
13:00~13:40
BLK360イメージングスキャナーは小型、軽量、簡単操作の地上型レーザースキャナーです。直径100mm、高さ165mm、重量1kgと軽量かつコンパクトなため、設置困難な場所での活用が期待されます。また、簡単操作で未経験の方でも直ぐに3D計測が可能です。

セミナー一覧へ


D24大容量点群データを活用したプレゼンテーション

航空レーザー、MMS、地上レーザー、UAVからの点群生成データ等の大容量の点群データを間引くことなく圧縮し、32bitのノートPCでどなたでも簡単に閲覧可能なソフトウェアの紹介です。プレゼンテーションやシュミレーションも可能です。

株式会社きもと
営業本部 メディアデザイングループ
野口 欣文 氏
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)14:20~15:00(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A22)
ドローンによる橋梁点検と画像解析
2018-04-13
13:00~14:30
生産性向上を実現するためのドローンやLSなどの計測技術や、取得したデータをクラウドを用いて効率的に解析・点検する取り組みを(株)デンソーと(株)岩崎の共同プロジェクトによる事例を通してご紹介いたします。
(B22)
特別講演
2018-04-13
13:00~14:30
進化めまぐるしいAIが、多くの企業が抱える数々の課題を解決できるのではないかと注目が集まっています。
土木・建設業界においてもAIを導入する日は、すぐそこまで来ています。
今セミナーでは、AIの概要や身近な活用事例を紹介いたします。
(C23)
CIM・i-Constructionを実現するシステムの活用と構築について
2018-04-13
14:20~15:00
i-Constructionが推進される中で、弊社が展開するシステムがどのフェーズで活用でき、また他のフェーズとデータ連携を図ってCIMの概念を実現すべく、現在活用できるインフラを最大限活用しながら施工の効率化を実現するための提言を行います。

セミナー一覧へ


D25ウェアラブルIoT「みまもりがじゅ丸」の有効活用

どの産業においても高齢となりつつあるベテラン作業者は、貴重な戦力です。検査などの特別な状況ではなく、勤務中の体調が捉えられるなら、体調悪化による事故を未然に防げたり、事故の早期発見ができるかも。健康で長く働くお手伝い。そんな事例とともに紹介します。

株式会社NTTPCコミュニケーションズ
開催日時間会場参加費受付状況
04月13日(金)15:40~16:20(40分)102無料
受付終了
下記セミナーとは同時受講できません
(A23)
いまこそCIMに取り組むべき理由
2018-04-13
15:10~16:40
ICTの導入により生産性の向上を図る建設業界において、CIMの活用は必要不可欠となっております。本セミナーではCIMの事例を中心に、どのようにCIMを学び、取り入れ、活用し現場の生産性向上に繋げることが出来たのかご紹介致します。
(B23)
特別講演
2018-04-13
15:10~16:40
北海道の建設現場における諸条件を解決すべく取り組みをされている2社をお招きして、建設現場での「生産性の向上」「働き方改革」について問題点を解消する取り組みをご紹介いただきながら、これからの建設業の在り方についてご講演いただきます。
(C24)
RIEGL UAVレーザー/TLS 最新動向
2018-04-13
15:40~16:20
UAVによるレーザー計測システムの最新ラインナップ、国内での展開について最新動向をご紹介。 TLSにおきましては、i-Constructionの現場でいかに効率良くレーザー計測を行っていくかをご紹介いたします。

セミナー一覧へ


講演会・セミナーのお申し込みは終了しました。